ようこそ中部盲導犬協会のホームページへ

文字サイズ テキストページで表示 グラフィックページで表示

サブメニュー一覧
ホーム » ボランティアについて » キャリアチェンジ犬ボランティア・引退犬ボランティア

キャリアチェンジ犬ボランティア・引退犬ボランティア

新しい家族を待っています

中部盲導犬協会では「キャリアチェンジ犬」あるいは「引退犬」を家族の一員として迎えて下さるボランティアを募集しております。下記アンケート用紙を印刷していただき、必要事項をご記入の上ご返送頂けますようお願い致します。アンケート用紙の内容を確認次第、ご連絡させていただきます。

201

 

キャリアチェンジ犬ボランティア

 

盲導犬の訓練をしていく過程で、様々な理由により盲導犬には向かないと判断された犬を「キャリアチェンジ犬」と呼びます。キャリアチェンジ犬の多くは元気いっぱいのごく普通の犬です。興奮したり、吠えたりする犬もいます。また、身体的な理由でキャリアチェンジになる犬もいます。
キャリアチェンジ犬は、子犬の頃に育てていただいたご家庭(パピーウォーカー)に帰ることもありますが、引き続きパピーウォーカーを続けていたり、諸事情によりお願いできない場合「キャリアチェンジ犬ボランティア」のご家庭に引き取っていただきます。
これまでたくさんの人に愛情を注がれてきた犬です。愛情と責任を持って飼育していただけるご家庭を募集しております。

 

平成27年5月4日より、

キャリアチェンジ犬ボランティアの募集を再開いたします。

ご希望の方は、アンケート用紙に必要事項をご記入の上、協会までご送付お願いします。

引退犬ボランティアも引き続き募集しておりますので、ご応募お待ちしております。

 

 ★譲渡条件

 

  • 引取り前の犬との面会に協会まで来ていただける方、また引取りの際も犬を迎えに来ていただける方
  • 日中あまり留守にしない方
  • これまでの経費・医療費として5万円をご負担していただける方
  • 最後まで責任と愛情を持って飼育していただける方
  • 犬の飼育に必要な健康管理(狂犬病予防、ワクチン接種、フィラリア予防等)を定期的に行っていただける方

 

 

 

引退犬ボランティア

 

「引退犬」には、盲導犬として視覚障害者のもとで働き、年齢や視覚障害者の諸事情により引退した犬と、キャリアチェンジ犬の中から当協会のPR犬(イベントや講演会、募金活動等で盲導犬の普及啓発のために活動する犬)として働き、年齢のために引退した犬の2種類あります。

引退犬が充分な愛情とケアのもと、余生を過ごすことができるご家庭を募集しております。]

 

★譲渡条件

 

  • 引取り前の犬との面会に協会まで来ていただける方、また引取りの際も犬を迎えに来ていただける方
  • 日中あまり留守にしない方
  • 室内で飼育していただける方
  • 最後まで責任と愛情を持って飼育していただける方
  • 犬の飼育に必要な健康管理(狂犬病予防、ワクチン接種、フィラリア予防等)を定期的に行っていただける方

 

※お申し込みいただくにあたり、次の点をご了承ください。

 

  • 共同住宅(マンション等)にお住まいの方は、大型犬飼育が認められている事がわかる規約の写しを、アンケートに添付してご郵送下さい。
  • ご希望等に適した犬がいなければ“登録待機”となります。また、申込者多数の場合、何年かお待ちいただく場合もございます。(年に1回、登録の更新を希望されるかどうかのご連絡をいたしますので、連絡先の変更がありましたら協会までご連絡ください)
  • 申込者と当協会の双方が納得しなければ、引き取りをお断りさせていただくこともございます。
  • 引取りにあたっては、現在他に犬を飼っていない方・室内で飼育していただける方・過去に犬を飼った経験のある方を優先いたしますので、必ずしも登録順にお渡しできるとは限りませんので、その点ご了承ください。

 

「キャリアチェンジ犬」「引退犬」ボランティアをご希望の方は、こちらからアンケート用紙をダウンロードできます。必要事項をご記入後、協会までご送付願います。

 

キャリアチェンジ犬引退犬アンケート用紙

 

またアンケート用紙を郵送でもお送り致できますので、ご希望の方は協会までお電話にてご連絡ください。